コンテンツへスキップ

 令和元年のGTCの公演内容が決まりました。

 演目は東西の名戯曲である二つの劇を演じます。GTCにとってはハードルの高い演劇内容ですが、今年のテーマである「GTC次いきます!!」の意気込みで演じるつもりです。是非ご期待ください。

◎ 作:ウージェーヌ・イヨネスコ『授業』

◎ 作:竹内銃一郎 『あの大鴉、さえも』

◎ 10月4日(金)夜の部・5日(土)昼の部、夜の部・6日(日)昼の部

◎ 彩の国さいたま芸術劇場・小ホール

 演出の清家栄一さんをお招きして、GTC第2回公演のためのワークショップが1月9日から始まりました。公演題目はまだ未定ですが、候補台本を片手に劇の流れを掴むための練習が行なわれました。これから9ヶ月の間GTC演劇会員全員で練習を続け、10月の本番に備えたいと思います。

 大好評だった11月の山口将太朗さんのワークショップに続いて、12月には演出家の吉中詩織さんをお招きして、第2回目のワークショップが開かれました。今回の内容は、音楽からの身体表現を中心に、講師から出題される各課題に参加者全員が熱心に取り組み、外の寒さを忘れるほどの熱気あふれる会場で、大いに盛り上がった会になりました。

 私達GTCは、公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団が「1万人のゴールド・シアター2016」において提唱された理念に基づき、高齢者が演劇活動を通して多くの出会いと親交を深め、自己の表現能力を高めると共に、生き甲斐と希望を見いだすことを目的とする演劇集団です。